人気ブログランキング |

タグ:タテハチョウ科 ( 77 ) タグの人気記事

ゴマダラチョウ(舞鶴公園 2014/02/17撮影)

以前にも書いたと思うが、舞鶴公園のゴマダラチョウはかわいそうである。食樹の大きなエノキがたくさん見られるのに、根元には枯葉一枚ない。幼虫が初冬に地面に降りて枯葉のなかで越冬する修正を持つゴマダラチョウにとっては、公園内の清掃が死活問題である。毎年かなりの幼虫が枯葉とともに掃かれて、どこかで焼却されていることと思う。エノキへの大きなダメージなどを与えることのないゴマダラチョウは、何とか保護してやりたいものである。エノキの根元にジャノヒゲなどを植栽し、その中に落ちた枯葉を温存すると、ゴマダラチョウは毎年目を楽しませてくれるはずである。
この写真は、根際近くの幹に出来た窪みにほんの数枚残っていた枯葉で越冬していたゴマダラチョウの幼虫。
f0204094_17535683.jpg

by pieris55 | 2014-02-18 18:05 | 昆虫 チョウ類 44種

タテハモドキ(舞鶴公園 2013/10/14撮影)

久しぶりでチョウが1種増えましたよーっ。
その名はタテハモドキ。南方由来の種なのですが近年の暖冬化で北上してきたチョウです。昔は奄美大島が北限だったのですが数年前から福岡県の基山以南では継続的な越冬が確認されていました。しかし福岡市ともなるとたまに飛来した母チョウの産卵で一時的に発生することがあるだけです。数日前に友人より中央区で2個体が見られたというニュースをいただき、本日は違う友人から同じ場所でやはり2個体見ましたとの連絡をいただき、すっ飛んで行きました。
めでたくきれいな秋型2頭を見ることができ、カメラに収めることができました。友人お二人に感謝感謝です。同地近辺で一時的に発生した模様です。まだ福岡市での越冬は無理かと思いますが、温暖化に歯止めが利かない以上、福岡市も近い将来にはタテハモドキの生息地になるかも知れません。
f0204094_17205249.jpg

f0204094_17214553.jpg

f0204094_17272536.jpg

f0204094_17231553.jpg

f0204094_17234380.jpg

by pieris55 | 2013-10-14 17:23 | 昆虫 チョウ類 44種

ツマグロヒョウモン(赤坂1号公園 2013/10/01撮影)

自宅の近くにいたツマグロヒョウモンのカップルです。
交尾中のチョウは飛ぶときはどちらが羽ばたくかが大体決まっています。
このツマグロヒョウモンは何度か飛ばしてみましたが♀が♂をぶら下げて飛びました。
交尾飛翔形式は←♀+♂で表されます。
f0204094_11151485.jpg

by pieris55 | 2013-10-11 11:15 | 昆虫 チョウ類 44種

ツマグロヒョウモン(赤坂1号公園 2013/04/27撮影)

熊本のほうでの昆虫の調査や下の息子の結婚式などでなかなか落ち着いた時間がとれず、ブログをサボっておりました。やっと今日家の近くの公園にちょっと出かけ、ツマグロヒョウモンを写してきました。
花壇のパンジーやビオラにご執心のツマグロヒョウモンの♀です。食草の周りに産卵したり、花蜜を吸ったりしていました。もうしばらくたつと幼虫が姿を見せることでしょう。
f0204094_2395549.jpg

f0204094_2310171.jpg

f0204094_23103735.jpg

f0204094_23111158.jpg

by pieris55 | 2013-04-27 23:11 | 昆虫 チョウ類 44種

ゴマダラチョウ(舞鶴公園 2012/12/11撮影)

今日はお昼に、近所の舞鶴公園までカメラを提げていってきました。
舞鶴公園ではほぼ毎年ゴマダラチョウの幼虫の樹上越冬が観察できます。
ふと枝が横に水平に張りだしている部分の地面側で見られることが多く、今日も2本の木で一頭ずつ見つかりました。よく探せばまだ見つかるのかもしれませんが、あまり口を空けて上を見ていると、ふぉらから鳥の落とし物が降ってくるかもしれないし、首もだるくなってきます。「いたいた」と単純に写真を撮ってさっさと戻ってきました。
多分樹下に降りようとしたものの、枝が水平に張りだした部分でもうこれより下は無いのだと勘違いし、仕方なく樹上で越冬したのだという解釈も成り立ちます。しかし私が過去にエノキに登って調べた結果、意外に垂直に近い枝でも樹上越冬している幼虫を数頭見たことがあります。
エノキは川沿いに見られることが多く、越冬幼虫の多くが樹下に降りて根元の枯葉の中で越冬します。冬場は大雨が降って川が増水することはほとんどないのですが、もしもそのようなことが起きた場合は、越冬幼虫は皆死んでしまうかもしれません。しかし樹上にいくつか幼虫が残っていると次の代まで命が繋げますね。
f0204094_1440442.jpg

f0204094_14402478.jpg


もう一頭の樹上越冬です。
f0204094_14452390.jpg

by pieris55 | 2012-12-11 14:40 | 昆虫 チョウ類 44種

ゴマダラチョウ(舞鶴公園 2012/12/01撮影)

11月18日にアップした舞鶴公園のゴマダラチョウの幼虫を見に行きました。
そのときは緑色の幼虫が緑の葉に3頭いましたが、今日行ってみたら緑の葉に少し茶色がかってきた幼虫が2頭でした。1頭はすでに木の下に降りて越冬体勢にはいったのかも知れません。
f0204094_1615499.jpg


さらに先のほうを散策しました。
エノキの大木が生えているのですが、根際には落ち葉がほとんど残っていません。
公園に生えるエノキはこのような状態が多く、ゴマダラチョウにとっては厳しい環境です。
わずかに残る落ち葉で1頭だけ幼虫を見つけました。
f0204094_1645738.jpg

f0204094_16518100.jpg


さらに進んだところにムクノキが生え、その根元に小さなエノキが生えています。
見るといくつか、ゴマダラチョウの台座があった葉が枯れてブラブラしています。
根際の枯葉をめくっていったら2頭幼虫がついている落ち葉が見つかりました。
見つかったので写真を撮って、もうほかは探さずにそのまま、また元へ戻してきました。
f0204094_1695523.jpg

f0204094_16102392.jpg

f0204094_16104475.jpg

by pieris55 | 2012-12-01 16:11 | 昆虫 チョウ類 44種

ゴマダラチョウ(赤坂 2011/11/28撮影)

我が家から20歩ほどにある小さな公園に2.5mほどのヒョロヒョロのエノキがある。
今日改めて見てみたら、ゴマダラチョウが台座を作っていた(休むときに定位置にしていた)葉が見つかった。
しかし、葉には幼虫はいない。
さてはもう越冬のため地上に降りたかとエノキの根元の落ち葉を探してみた。
推測通り、枯葉の中からゴマダラチョウの幼虫が見つかった。
記念写真を撮り、また戻しておいた。
f0204094_18313941.jpg

f0204094_18324079.jpg

by pieris55 | 2012-11-28 18:32 | 昆虫 チョウ類 44種

ツマグロヒョウモン(舞鶴公園 2012/11/18撮影)

この日見たチョウはアカタテハ、ヤマトシジミとこのツマグロヒョウモン。
アカタテハは成虫越冬、ヤマトシジミは幼虫越冬、ツマグロヒョウモンは多くは幼虫で場合によっては蛹で越冬です。
熱帯地方を出発地とするツマグロヒョウモンは、以前は近畿地方以西でしか見られなかったのですが、近年の暖冬化で生息域をどんどんと北進させています。現在は中部地方から関東地方(一部北陸地方)に広がっています。
幼虫はスミレ科を広く食べ、花壇のパンジーにも幼虫が見られます。
f0204094_16291320.jpg

by pieris55 | 2012-11-20 16:29 | 昆虫 チョウ類 44種

ゴマダラチョウ(舞鶴公園 2012/11/18撮影)

久しぶりに舞鶴公園をうろついてみました。
天気は申し分なく、多くの人々が散策に来ています。
ボランティアの城跡ガイドのかたたちも忙しそう。
城壁の根元にエノキのヒコバエがありました。
見ると葉先にゴマダラチョウの食痕があるではないですか。
まだこのヒコバエの葉は緑色。ゴマダラチョウの緑の幼虫がいるに違いありません。
探すと3頭いましたよ。角の短い、ずんぐりした越冬型になっています。
幼虫は定位(常日頃とまる)する葉を決めています。
その葉には表に糸を吐いて足場を作っています。
この足場のことを台座と呼びます。なお、台座のある葉と食べる葉は離れています。
食べた葉の傷と唾液から構成される化学物質の臭いを頼りにやってくる寄生蜂から逃れるために、食べる葉と休む葉を分けているのでしょう。
台座のある葉は葉柄部分がしっかりと糸で枝にかがってあり、落葉しない対策がうたれています。
葉が枯れて落葉する時期になると幼虫の体色は茶色に変わり、地面に降りて落ち葉の中で越冬しますが、定位していた葉は落ちないので、幼虫がいたエノキはすぐにわかります。
f0204094_16304863.jpg

f0204094_16312652.jpg

f0204094_16315555.jpg

f0204094_16323112.jpg

by pieris55 | 2012-11-18 16:35 | 昆虫 チョウ類 44種

コミスジ(舞鶴公園 2012/10/30撮影)

もうクズの葉にもだんだんと生気が無くなっていくようです。
眺めていたクズの葉にコミスジの幼虫がつけた食痕がありました。コミスジというチョウの幼虫はマメ科植物の葉を先端部分から食べますが、その時に葉の先端を加工して葉の小片を糸でくっつけ、その部分に幼虫は擬態して隠れています。
発見した食痕は少し前のものらしく、また小規模でしたから、きっと幼虫の成長途上をハチなどにさらわれたのでしょう。
f0204094_19261014.jpg

f0204094_1926297.jpg

f0204094_19265331.jpg

by pieris55 | 2012-11-05 19:26 | 昆虫 チョウ類 44種


福岡市中央区での自然散策ブログです。都会の中でどんな自然が息づいているのでしょう。散策の折に観察できた自然の『カケラ』をお伝えします。現在記事にtagを貼るよう改造中です。


by pieris55

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お知らせ 6編
扁形動物 1種
環形動物 2種
軟体動物 9種
節足動物 クモ目 40種
節足動物 ザトウムシ目 1種
節足動物 その他 13種
節足動物 ワラジムシ目 3種
昆虫 コムシ目 1種
昆虫 トビムシ目 4種
昆虫 イシノミ目 1種
昆虫 シミ目 1種
昆虫 ハサミムシ目 1種
昆虫 トンボ目 23種
昆虫 シロアリ目 1種
昆虫 ゴキブリ目 4種
昆虫 カマキリ目 3種
昆虫 バッタ目 16種
昆虫 カメムシ目 97種
昆虫 アザミウマ目 2種
昆虫 ナナフシ目 1種
昆虫 チャタテムシ目 8種
昆虫 ラクダムシ目 1種
昆虫 アミメカゲロウ目 8種
昆虫 コウチュウ目 135種
昆虫 ハエ目 80種
昆虫 チョウ類 44種
昆虫 ガ類 207種
昆虫 ハチ目 62種
昆虫 不明 1種
脊椎動物 魚類 4種
脊椎動物 両生類 1種
脊椎動物 爬虫類 7種
脊椎動物 鳥類 38種
脊椎動物 哺乳類 4種
菌界 85種
植物界 350種
その他 11編
地域情報 総合 1編
地域情報 西公園 3編
地域情報 舞鶴公園 5編
地域情報 赤坂公園 2編
地域情報 大濠公園 1編
地域情報 地行 1
地域情報 南公園 1編
地域情報 小笹中央公園 1編
自然現象
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月

リンク集

最新のトラックバック

ヒゲジロハサミムシ
from 世話要らずの庭

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧