人気ブログランキング |

カテゴリ:植物界 350種( 711 )

ナワシログミ(赤坂公園 2013/02/10撮影)

サワシログミのまだ幼い実です。
稲作の苗代を作るころ赤く色づくのでナワシログミ。
幼いころはあまり食べると渋さで尻が詰まると言われていました。
ことの真偽はわかりません。
f0204094_1459305.jpg

by pieris55 | 2013-02-17 14:59 | 植物界 350種

サネカズラ(赤坂公園 2013/02/10撮影)

サネカズラの花托(果托)の部分が残っていました。
花托に鈴なりになる赤い果実部分はもう採りに食べられているようです。
サネカズラは美男蔓と書き、昔は汁を整髪に使ったのだそうです。
我が家の庭のマンリョウの実ももすっかり鳥たちの胃袋に収まってしまったようです。
f0204094_14522328.jpg

by pieris55 | 2013-02-17 14:52 | 植物界 350種

アケビ(舞鶴公園 2012/01/20撮影)

アケビは蔓性落葉小木だと思いますが、未だ葉がついている。
もうすぐ2月です。いまから落葉するのかなぁ。
郊外の海岸線に見られるアオモジは早春に枝を覆うほど花をびっしりと咲かせますが、これもまた落葉が遅い。いまだに黄色の葉をつけて頑張っています。
アケビは5月ごろに雌雄異花をつけます。雌雄異花の場合、雄花は蜜もあり花粉もあって訪花性の昆虫が集まってきますが、雌花はどうでしょう。一般的に雌花は雌蕊があるだけで、花粉も蜜もありません。つまり訪花性昆虫にとっては立ち寄る魅力がまったくないのです。ではどうやっと昆虫を呼び寄せて受粉を成功させるか。アケビの場合は雌花が雄花に擬態して昆虫を騙すと唱える方もいます。また、雌花の雌蕊の柱頭には花粉をくっつけるための粘液が分泌されており、これが甘いのでハエ類が集まり、受粉を助けるというかたもいます。
さてどのようにして雌花は昆虫を呼ぶか。アケビは身近な植物です。一つじっくり観察してみませんか。
この写真のアケビの葉には丸い欠損部分がいくつか見られますね。これは幼虫の餌用にハキリバチが持って行った切り取り痕なのです。
f0204094_19494783.jpg

by pieris55 | 2013-01-23 19:50 | 植物界 350種

スイセン(舞鶴公園 2012/12/11撮影)

そろそろ気の早いスイセンがほころび始めています。
これは先日見た舞鶴公園の南斜面のスイセン。
花数が増えるといい香りが漂い、暖かい日にはハナアブなどが訪れます。
スイセンと言えば長崎県の野母崎のスイセン公園。年が明けるとにぎわい始めることでしょう。
f0204094_11595944.jpg

by pieris55 | 2012-12-18 12:00 | 植物界 350種

ヒメリンゴ(赤坂 2012/12/06撮影)

某公民館に家内をアッシーして、隣接する幼稚園の園内に見慣れない木が生えているのを発見。
遠目に見て、小さな赤い実がたくさん生っています。
んー、ヒメリンゴかなとカメラを持って車から降りて近寄りました。
やっぱりヒメリンゴ。幼稚園のチビさんが喜ぶだろうと植えられたに違いありません。
植木屋さんで小さな盆栽仕立てのヒメリンゴは見たことはありますが、見上げるようなヒメリンゴは初めてでした。地面を見るといくつか実も落ちていましたよ。
一度果物屋さんで買ったことはありますが、かわいいだけであんまりおいしくはなかった印象でした。
f0204094_10233416.jpg

f0204094_1024130.jpg

f0204094_10242945.jpg

by pieris55 | 2012-12-13 10:26 | 植物界 350種

メタセコイア(舞鶴公園 2012/12/01撮影)

10日ほど前の写真ですが、舞鶴公園のメタセコイアが黄葉していました。
コナラやブナの色に似た、けっこうきれいな黄葉です。
生きた化石とされるメタセコイア。成長早い木です。
福岡県の東側、築城の航空自衛隊基地の近くに地元産品の販売所「メタセの森」があります。
もちろんメタセコイアの林があり、名前もそれにちなむのだと思います。
でも言葉の区切りがおかしいな。メタセコイアはメタ+セコイアだと思いますから。
メタセは省略形としてはどうかなー。和名のアケボノスギを使ったほうがよかったかも。
f0204094_19311287.jpg

f0204094_19315389.jpg

by pieris55 | 2012-12-10 19:33 | 植物界 350種

イロハカエデ(舞鶴公園 2011/11/18撮影)

私のBBSに見事なカエデの紅葉と黄葉の写真の投稿があり、コメントを入れる際に思い出した白秋の詩「片恋」の一節を書き込みました。
その一節は
 アカシアの金と赤とが散るぞえな かはたれの秋の光に散るぞえな
というものです。
アカシアは黄色にしかならないぞという野暮な批評は一旦脇に置きましょう。
「誰そ彼」が訛って「たそがれ=黄昏」となったのはご存知と思います。時間的には日没前後のぼんやりした光の中で、人の影が見分けにくくなった時分を現す言葉です。
上に書いた「かはたれ」は「彼は誰」で、言葉が単にひっくり返った感じですね。
しかし、その言葉「かはたれ」の指す時間帯は「たそがれ」とは全くの反対、すなわち夜明け前後のまだ薄暗い時間帯を指すのだそうです。
f0204094_11505056.jpg

by pieris55 | 2012-12-06 11:53 | 植物界 350種

タラヨウ(舞鶴公園 2012/12/01撮影)

舞鶴公園には大変大きなタラヨウの木があります。
山中ではこのように大きなタラヨウは見たことがないように思います。
タラヨウはハガキの木とも呼ばれており、葉に傷をつけるとそこが茶色に変色します。
釘などで字を書き切手を貼りつけると投函できるそうです・
このタラヨウの大木は遊歩道側にあり、観察会などで葉に傷をつけてみたらしく、葉の裏に文字が残っている葉があります。
f0204094_21582043.jpg

by pieris55 | 2012-12-04 21:59 | 植物界 350種

トベラ(舞鶴公園 2012/12/01撮影)

トベラの実がはじけ始めています。
中の赤い果肉に包まれた種子は、メジロなどが喜んでついばんでいきます。そして消化できなかった種子の部分は遠くで芽を出すことになります。
植物も播種を鳥に頼るからには、ちゃんと果肉という搬送費を払っているんですね。

ところでいつも私は勘違いしやすいのですが、このトベラ、実はトベラ科のトベラなんですね。実の形やはじけ方から、思わずニシキギ科と勘違いしてしまいます。
日本にはこのトベラの他に南西諸島や小笠原にそれぞれ別の種のトベラがあるようです。
f0204094_23175152.jpg

f0204094_23182287.jpg

by pieris55 | 2012-12-03 23:19 | 植物界 350種

イヌホオズキの1種(赤坂1号公園 2012/11/28撮影)

植物に詳しい知人たちから何度も教わるのだがいまだによくわからない。
在来種イヌホオズキにあわせて外来のオオイヌホオズキ、アメリカイヌホオズキなどのそっくりさんがいて素人泣かせです。
都市中の公園で、アメリカフウロやセイヨウタンポポなどがわがもの顔で生えているので、在来種ではないと思います。ただそれから先は????
何時かゆっくり調べてみよう、と先送り先送り~。
f0204094_23265915.jpg

f0204094_23272171.jpg

by pieris55 | 2012-11-30 23:27 | 植物界 350種


福岡市中央区での自然散策ブログです。都会の中でどんな自然が息づいているのでしょう。散策の折に観察できた自然の『カケラ』をお伝えします。現在記事にtagを貼るよう改造中です。


by pieris55

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お知らせ 6編
扁形動物 1種
環形動物 2種
軟体動物 9種
節足動物 クモ目 40種
節足動物 ザトウムシ目 1種
節足動物 その他 13種
節足動物 ワラジムシ目 3種
昆虫 コムシ目 1種
昆虫 トビムシ目 4種
昆虫 イシノミ目 1種
昆虫 シミ目 1種
昆虫 ハサミムシ目 1種
昆虫 トンボ目 23種
昆虫 シロアリ目 1種
昆虫 ゴキブリ目 4種
昆虫 カマキリ目 3種
昆虫 バッタ目 16種
昆虫 カメムシ目 97種
昆虫 アザミウマ目 2種
昆虫 ナナフシ目 1種
昆虫 チャタテムシ目 8種
昆虫 ラクダムシ目 1種
昆虫 アミメカゲロウ目 8種
昆虫 コウチュウ目 135種
昆虫 ハエ目 80種
昆虫 チョウ類 44種
昆虫 ガ類 207種
昆虫 ハチ目 62種
昆虫 不明 1種
脊椎動物 魚類 4種
脊椎動物 両生類 1種
脊椎動物 爬虫類 7種
脊椎動物 鳥類 38種
脊椎動物 哺乳類 4種
菌界 85種
植物界 350種
その他 11編
地域情報 総合 1編
地域情報 西公園 3編
地域情報 舞鶴公園 5編
地域情報 赤坂公園 2編
地域情報 大濠公園 1編
地域情報 地行 1
地域情報 南公園 1編
地域情報 小笹中央公園 1編
自然現象
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月

リンク集

最新のトラックバック

ヒゲジロハサミムシ
from 世話要らずの庭

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧