<   2011年 11月 ( 92 )   > この月の画像一覧

ヨコバイの1種(地行 2011/11/11撮影)

カイガラムシの集団の中にヨコバイの1種の幼虫が混じっていました。
サジヨコバイ亜科かなぁ。
f0204094_23535453.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-30 23:54 | 昆虫 カメムシ目 97種

カイガラムシの1種(地行 2011/11/11撮影)

エノキの葉裏にいたカイガラムシの1種です。
もうそろそろ黄葉と落葉が始まる時期です。
急いで有翅の世代にならなければ落葉とともに死んでしまいます。
f0204094_2350494.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-30 23:47 | 昆虫 カメムシ目 97種

ウスコカクモンハマキ(地行 2011/11/11撮影)

小さな薄茶色のガが足元から飛び立ち数歩先の植え込みにとまりました。
ゆっくり近づいて探してみると、茶色の枯葉にハマキガがとまっていました。
このように自分と同じ色を同じ背景を選んでとまる昆虫をよく見ます。
ちゃんと自分の色を認識しているようです。面白いですね。
ところでこのハマキガは恐らくウスコカクモンハマキと思いますが、これとそっくりのガにチャノコカクモンハマキというのがいます。この2種は一応別種という扱いをされていますが、人工的に飼育して交配をさせると雑種F1は両種との間に妊性を持っているそうです。F1が妊性を持つかどうかは同種か異種かとの判定の重要な要素の一つです。F2も恐らく妊性を持っているだろうと推測もされています。
しかし野外では両種は配偶行動の時間が違うことあるいは性フェロモンの違いによって交雑は起きないそうです。生殖的隔離が起きているのですね。
これらから種という概念はどのようなものかを考えさせられます。
f0204094_1212347.jpg

f0204094_12124563.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-29 12:12 | 昆虫 ガ類 207種

マルバツユクサ(地行 2011/11/11撮影)

街中の空き地や花壇では外来の雑草や花壇から逃げ出した園芸植物が数量ともに続々と増え、在来種でさえ覚えきれない脳内の海馬がお手上げ状態です。
さてさて、このツユクサはいったい何者でしょうねぇ。
花のサイズがとびっきり小さく、これで咲いているのかと疑うような状態です。
外来のツユクサの仲間はいろいろとあるようですがどれもだいたい在来のツユクサぐらいで、このような花だけミニチュアというものにはお目にかかったことがありません。
一度撮影して、後で考えてあれは蕾の状態だったのかなぁと不安になり、また日を改めて見に行ったところやはり同じ小さな花がいくつもついていました。

としていたところ、とるばどおるさんからマルバツユクサじゃぁなぁい~?とコメントを頂きました。午後にしか見ていなかったので、咲く前か咲いた後を見ていたわけです。今度は朝早く行ってみなくては。
f0204094_11545774.jpg

f0204094_11551621.jpg

f0204094_11554062.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-29 11:55 | 植物界 350種

ルリチュウレンジ(地行 2011/11/11撮影)

一月ほど前に植え込みのツツジの上で配偶行動をしていたルリチュウレンジ(バチ)を観察、ここにアップしていました。
今回見てみるとツツジの葉を食べている幼虫が見られました。
ハバチ科やミフシハバチ科の幼虫は一間ガの幼虫のように見えますが腹脚の数が多いです。また驚くと腹端を持ち上げます。
f0204094_113902.jpg

f0204094_11392045.jpg

f0204094_11394069.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-29 11:40 | 昆虫 ハチ目 62種

クロマダラソテツシジミ(地行 2011/11/11撮影)

クロマダラソテツシジミもいましたよ。
もう周りではおいしい芽をつけているソテツは無いと思うのですが、まだまだ成虫が飛んでいるのを見かけます。
このクロマダラソテツシジミについてのTV番組にちょっと出演しました。
そのTV局のホームページその番組のダイジェスト版が公開されています。
下記はそこへのリンクです。
http://www.kbc.co.jp/event/watergreen/
f0204094_1571716.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-29 01:58 | 昆虫 チョウ類 44種

ウラナミシジミ(地行 2011/11/11撮影)

ウラナミシジミがいました。
最初はクロマダラソテツシジミかと思いましたが、はるかに飛翔が敏捷です。
ウラナミシジミは最近は春型をたまに見るようになりましたが、温暖化が取りざたされない昔は福岡市は越冬できるギリギリの土地で、無事越冬した世代が春先に成虫になって現れるなどはめったになかった(県内でそれまでに多分2-3例)のです。九州中南部で越冬した世代は、北上と繁殖を繰り返しながら最北は北海道まで渡ることがあります。
庭先にフジマメを植えておくと夏から秋にかけて立ち寄るウラナミシジミが見られます。
f0204094_1482277.jpg

f0204094_1483990.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-29 01:49 | 昆虫 チョウ類 44種

キタキチョウ(地行 2011/11/11撮影)

キタキチョウはもうすっかり秋型です。
黒と黄色のコントラストの強かった夏型にかわり、翅の表がほとんど黄色で、翅の裏面の通さ菜模様の拡大した秋型に入れ替わりました。
この秋型の個体は成虫のまま冬を越します。
一頭のキタキチョウがゆっくり飛んできてヘクソカズラの葉裏にとまりました。この体制は眠ったりする休む時の姿勢です。秋の日はつるべ落としということを知っているのか、早めの睡眠体勢ですね。
f0204094_21353684.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-27 21:35 | 昆虫 チョウ類 44種

モンシロチョウ(地行 2011/11/11撮影)

モンシロチョウの新鮮な個体がいました。
春先は白っぽい翅の個体が出てこれは春型と呼ばれます。
夏型は翅の崎などの黒っぽい部分が発達した夏型という個体だ出ます。
秋遅くにはまた少し白っぽくなる個体が出ますが、春型までは白くはないようです。

モンシロチョウの春型に二つの型があることを知ったのはびっくりでした。
翅の崎の黒い部分が少ない白っぽい春型がまず3月に出始めます。
4月に入ると、もっと白っぽくてほとんど真っ白といっていいほどの型が出ます。
その後夏型と呼ばれる、翅の先などの黒い部分が発達した型が出ます。

高校生の頃でしたか今からかれこれ50年ほど前まではモンシロチョウは蛹で越冬するというのが常識でした。しかしある日庭の陽だまりに数本生えているアブラナに真冬というのにモンシロチョウの幼虫を数頭見てびっくりした覚えがあります。モンシロチョウは一応蛹で越冬はするが、暖かい冬は少しでも暖かいと世代を繰り返そうという力が働くようです。チョウが越冬体勢に入るか否かは日長が大きく関係するといいます。冬至までは日長が短くなりますが、それを過ぎると日長は徐々に長くなっていきます。暖冬など何らかの関係で冬至を越した母蝶が産んだ卵からの世代は、微妙に越冬体制をとれないのかもしれません。
春型に続いて出る真っ白な型はこのような非休眠の世代ではなかったかと考えています。
f0204094_21261541.jpg

f0204094_21263848.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-27 21:26 | 昆虫 チョウ類 44種

チャノハモグリバエ(地行 2011/11/11撮影)

マサキの葉に字書き虫がいました。
いろんな植物に字書き虫がいますが、マサキにつくのはチャノハモグリバエのようです。
園芸関係者の間でもマサキの葉を台無しにしてしまうチャハモグリバエは広く知られています。
葉に産み付けられた卵から孵化した幼虫は葉の上下の表皮の間を食べ進んで成長していきます。
食べ痕にできた平たいトンネルは幼虫の成長とともにだんだんと幅広くなりますので、度かが始点かはすぐにわかります。疲労なった部分にはウジか茶色い蛹あるいは蛹の殻が発見できるでしょう。
この時期は蛹あるいは羽化の時期のようで、蛹と蛹殻が見られました。
f0204094_20473572.jpg

f0204094_20475826.jpg

f0204094_20481699.jpg

f0204094_20483416.jpg

[PR]
by pieris55 | 2011-11-27 20:48 | 昆虫 ハエ目 80種


福岡市中央区での自然散策ブログです。都会の中でどんな自然が息づいているのでしょう。散策の折に観察できた自然の『カケラ』をお伝えします。現在記事にtagを貼るよう改造中です。


by pieris55

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お知らせ 6編
扁形動物 1種
環形動物 2種
軟体動物 9種
節足動物 クモ目 40種
節足動物 ザトウムシ目 1種
節足動物 その他 13種
節足動物 ワラジムシ目 3種
昆虫 コムシ目 1種
昆虫 トビムシ目 4種
昆虫 イシノミ目 1種
昆虫 シミ目 1種
昆虫 ハサミムシ目 1種
昆虫 トンボ目 23種
昆虫 シロアリ目 1種
昆虫 ゴキブリ目 4種
昆虫 カマキリ目 3種
昆虫 バッタ目 16種
昆虫 カメムシ目 97種
昆虫 アザミウマ目 2種
昆虫 ナナフシ目 1種
昆虫 チャタテムシ目 8種
昆虫 ラクダムシ目 1種
昆虫 アミメカゲロウ目 8種
昆虫 コウチュウ目 135種
昆虫 ハエ目 80種
昆虫 チョウ類 44種
昆虫 ガ類 207種
昆虫 ハチ目 62種
昆虫 不明 1種
脊椎動物 魚類 4種
脊椎動物 両生類 1種
脊椎動物 爬虫類 7種
脊椎動物 鳥類 38種
脊椎動物 哺乳類 4種
菌界 85種
植物界 350種
その他 11編
地域情報 総合 1編
地域情報 西公園 3編
地域情報 舞鶴公園 5編
地域情報 赤坂公園 2編
地域情報 大濠公園 1編
地域情報 地行 1
地域情報 南公園 1編
地域情報 小笹中央公園 1編
自然現象
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月

リンク集

最新のトラックバック

ヒゲジロハサミムシ
from 世話要らずの庭

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧